真珠の耳飾りの女 映画

画像

舞台は17世紀オランダのデルフトの街のようです、
中世の街の再現、その雰囲気の見事さにびっくり
します。
街を行く人たちの衣装も、当時のままに、ジーパンの
破れのようなカジュアル感まで感じ取れる凝りようは、
イギリス映画娯楽編の楽しさを思わせます。

かつて「ホフマン物語」で見せたパウエル プレスバーガー
プロダクションの、美術・音楽総合芸術の融合と、、
シェイクスピア舞台劇の伝統を思わせる芸達者な
出演者たち。
主役の少女はヨハンソン?とか、北欧の女優さんの
ようですが、そのイギリス人好みのセクシーな美しさ
には、当のフェルメールも顔負け、というところ
でしょうか。

原題は、真珠のイヤリング、となっていますが、ピアス
ですね、少女の耳朶に焼け火箸?を突き立てるシーンが、
これまた英国人好みなんでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケイ
2012年01月13日 18:15
ホント😉ファニーフェイスって言葉思い出しました。