ズービン メータとN響の第九

画像


17日のNHKのテレビを見ました。
ズービン メータは以前、コベントガーデンでマリアユーイングの
カルメンを指揮していたのが印象的でした。そのときから気になる
指揮者だったのですが。

今回は津波チャリティーに駆けつけて、重苦しい雰囲気の中で
素晴らしい第九を聴かせてくれました。
こんなに凄い演奏は滅多にきかれないのでは、と思います。

ぼくの記憶では第二次大戦終了時にカーネギーホールでの
トスカニーニ NBCの歓喜の頌の画面が圧倒的でした。

次にカラヤン ベルリンフィルの「英雄」ですが、この時はイスラエル
の選手団が飛行機テロで全滅して・・カラヤンがフルトベングラー
のような追悼演奏を聴かせてくれました。

今回のメータは期待してはいましたが、これほどの演奏になるとは
驚きでした。メータはオペラ系の指揮者だったようですが、華麗さを
抑えた控えめの演奏が良かったのでしょうか、合唱もしっかりと
歓喜の頌を歌い上げてくれました。

24日に再放送があるのかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ケイ
2011年04月18日 17:10
写真綺麗です。再放送観ます。情報を有難うございます
memu
2011年04月18日 17:18
はい、有難うございます。ぜひご覧くださいませ~。